私たちに関しては

We are professionals. 私たちのブランドです。

EG-REEDS はオーボエとイングリッシュホルンのリード、及びリード各種材の為のオンラインショップです。EG-REEDS は私、エリック・ゴンザレツによって2015年に創設致しました。
当社の強みは、オーボエの世界における自分自身の専門的な経験を生かした最高品質を誇る材料です。

Top quality. 品質
私たちの扱う材料はフランスのVar産です。Var は世界的に Arundo Donax の材として知られています。材料は植え付けから厳密な品質管理プロセスを経て、注意深く選別されて収穫されます。その後、材料は、エル·ビエルソ El Bierzo(スペイン)の領域に転送されます。この領域は、特別な穏やかな地中海の微気候を持っています。この天気のおかげで、乾燥結果は、最高品質の材料を提供する、はるかに均一です。我々は慎重にチューブプロセスの剥離、乾燥、切断およびソートの世話をします。材料は使用のために良好な状態であるようにこのすべては、1〜2年かかります。

transparencia +fondo

Peeling oboe reeds
チューブプロセスの剥離

Green oboe reeds
乾燥

Solutions for every need. 私たちはあらゆるニーズに答えます。

EG-REEDS はリード制作にとって、道筋は決して1つでは無いという事を理解しています。
私たちはだからこそ、幅広い種類、選択に応えられるようにしています。(直径、厚さ、材料の硬度、スクレープの長さや形、その他)また、様々な種類のオーボエや、オーボエの奏者のニーズに合うようにするために、あなたのリード制作用具、部品、そして最新のリード制作マシーンを提供します。

Satisfaction Guaranteed. あなたの満足を保証します。

EG-REEDS にとって、製品の品質とお客様の満足が最優先事項です。すべての当社の製品は、常に最も革新的で正確な道具を使用して、1つずつ、手作りで仕上げています。
各製品は、発送される前に厳格な品質管理プロセスを経ています。

また、プロのオーボエの奏者として最高の製品における解説、アフターサービス、アドバイスを提供しています。EG-REEDSスタッフは演奏の楽しみだけをあなたが感じる事が出来るように、リードの問題をあなたから取り去ります。

Éric González エリック・ゴンザレツ 

1986年、ポンフェラーダ(スペイン)生まれ。 8歳の時にポンフェラーダの音楽院でオーボエを始める。彼は最高の成績で音楽院での彼の基本的な研究を終えました。
その後、ラ·コルーニャの音楽の高等音楽院(スペイン)に移り、大学の最初の年にバルセロナの音楽(スペイン)の高等音楽院で勉強する奨学金を獲得。ホセ·マヌエル·ゴンサレス(セビリア王立交響楽団、及びソリスト)に師事。彼は世界で最も有名なソリストで数々のマスタークラスを各地で行っている。
バルセロナ音楽院卒業後、ミュンヘン(ドイツ)に移り、Ingo Goritzki教授と共にオーボエとイングリッシュホルンの勉強を続けました。Ingo Goritzki教授はエリック・ゴンザレツの最高の先生の一人であり、同時に彼はヨーロッパのオーケストラで最高のオーボエ奏者を数々生み出していた。

他、マイスタークラスにて François Leleux, Stefan Schilli, Thomas Indermühle, Lucas Macías, Albrecht Mayer, Dominik Wollenweber, Washington Barella, Mizuho Yoshsii, Victor Ánchel, Juan Manuel Lumbreras, Yeon-Hee Kwak, Christian Schmitt, José Luis García, Gareth Hulsen, Emmanuel AbbülとEduardo Martínez の各氏に師事。
また、セビリアのロイヤル·オーケストラ、ミュンヘン(ドイツ)の室内オーケストラ、ルガノ(スイス)の室内オーケストラ、オランダのユース·オーケストラ、カタルーニャのユース・ナショナル管弦楽団、カスティーリャ」のユース·オーケストラなど数々のヨーロッパのオーケストラで演奏し、スペイン、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、イングランド、オランダ、ロシア、韓国、中国に渡って活躍。

2012年から2014年にÉric Gonzálezは、貴陽交響楽団GYSO(中国)における首席オーボエと首席イングリッシュホルンに就任。このオーケストラで、彼は、JSバッハBWV 1060オーボエとヴァイオリンのための協奏曲のソリストとして演奏し、アジアの主要都市で演奏を行いました。
使用楽器はオーボエYamaha Custom YOB-831、イングリッシュホルンがLoree。

2014年から2017、マデイラクラシック·オーケストラ(ポルトガル)の首席オーボエとセクションリーダーとして活躍中です。

2015年以来、彼はEG-REEDSの所有者で創業者です。 彼はマスタークラスも教えています。